2011年11月10日

復活なるか?

大変ご無沙汰しております

最終記事から以降我が家は大変なことになっておりました

ご心配いただきお電話やメールをいただいたお友達さん
そして励ましてくださったお友達さん
感謝の気持ちでいっぱいです

ホントにありがとうございました




アニマルコミュニケーターの先生にセッションしていただいて
私が気になっていたあゆきちゃんの目

やはり先生からもご指摘がありました

そこで東京から眼科医が来るという病院で詳しく検査していただいたところ
光彩萎縮という病気であることが判明
瞳が収縮しないために瞳で光を調節出来ない為 
まばたきをシュパシュパして眩しさをしのいでたのでした
目も結膜炎のように赤くなってました

今はこの病気とうまく付き合っていくしかないので
お散歩時間を工夫したり眩しくないところに行ったり
日中のお出かけならゴーグルやサングラスの使用もいいらしい

あゆきちゃんなんだかカッコイイぴかぴか(新しい)

な〜んてね・・・わーい(嬉しい顔)


一難去ってまた一難・・・

そんな中あゆきちゃんの右前肢が突然 ガクッとなり歩けなくなりました
レントゲンを撮っても骨や骨膜は綺麗で異常はなくあとはMRIしかないらしい

とっても迷ったけどとりあえず鍼治療やレーザーをし続けました

最初は週3回 鍼治療  それが週2回になり〜 週1回になり〜

そこで思ったのがレーザーとの併用

鍼治療の傍ら毎日のようにレーザー治療に通いました

今も続いてるんだけど・・・


そんな中これまたアニマルコミュニケーターの先生に
りょう太君のセッションをお願いした際
私がず〜〜っと気になっていたことを伝えていただきました


りょう太君は心臓が少し弱く不整脈もあるので麻酔をかけることは
病院側も少し躊躇気味

だけどここに至って前立腺も少し肥大になってきてるし
便の様子も細くなってきてるし
お腹の中に1つある玉ちゃんも気になるし・・・


もう9歳だから手術するなら今しかないと!  と
ずっと思ってました

そこで私がこう思ってるということをアニマルコミュニケーターの先生から
りょう太君に伝えていただきましたところ

りょう太君曰く  ぼくはそんなに心臓も悪くないよ
ぼくはホントはジェントルマンでいたいんだけど
時々僕の意思に反して違うことが起こるんだ
その時ぼくはすごく辛いだぁ


じゃぁ お腹の中の玉ちゃん 取ってもいいかな??


りょう太君は深〜く考えた末 
わかったよ  差し出すよ って言ってくれたのでした


なので私も決心してたのでした


そしてあゆきちゃんが少しずつ少しずつ回復の兆しが見えてきたころ
りょう太君の去勢手術をしました

私が選んだ病院は今まで通っていた病院ではなく
血液検査の結果 躊躇なく手術出来ないレベルではないから
早いほうがいい!  しましょう! と言ってくださった病院

あゆきちゃんがレーザーに通ってる病院です


りょう太君の心臓のこと 不整脈のこと
上手く玉ちゃんが取れるかなどなど心配だったけど
私は後押ししてくださった先生とりょう太君に賭けた!


お腹にあった玉ちゃんは上手く取れたけど
少し大きくなっていて硬く黒ずんでいた為 病理検査をお願いしたところ
はやり癌化してました
しかしながら癌は他に転移してる様子はなくホッとしたところです



11月4日金曜日に抜糸したのですが
お腹の傷も小さくて負担も軽かったと思います


今 りょう太君はお腹の中の悪いものが取れてとっても元気です



そんなこんなの4カ月・・・


未だに鍼治療&レーザー治療に通い続けているあゆきちゃん



そして 昨日やっとやっと 走りましたぁ揺れるハートClapるんるん






プチプチ復活.JPG




ニックネーム りょう太ママ at 10:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする